ライン

協会のあゆみ

− 公益財団法人 社会教育協会90年のあゆみ −

大正14年11月16日 文部大臣から財団法人設立認可され、発足。
会長は阪谷芳郎博士、理事長は穂積重遠博士、常任理事に小松謙助氏
大正15年1月 機関紙『社会教育パンフレット』創刊
のち『国民』と改題して毎月発行
昭和3年9月 『社会教育新報』発刊
昭和5年4月 『婦人講座』創刊
昭和16年 青年学校教科書は男女用とも文部省選定となり、発行部数は250万部に達した
昭和17年4月 文京区指ヶ谷町に教育研究所ならびに東京家庭学園(現白梅学園)を開設
昭和20年5月 戦災で建物など一切を焼失。小松常務理事が理事長に就任し、再建に立ち上がる
昭和23年 杉並区馬橋4-500に敷地4000坪を取得、教会本部と東京家庭学園を再建
昭和26年7月 牧野英一博士が会長に就任
昭和28年12月 学校法人「白梅学園」設立分離独立
昭和30年1月 『成人手帳』創刊
昭和37年7月 有光次郎理事が理事長に就任
昭和44年7月 「日野社会教育センター」を開設
昭和45年4月 牧野会長逝去、藤井丙午理事が会長就任
昭和55年3月 江戸英雄理事長が会長に就任
昭和63年9月 山下静一理事、理事長に就任
平成2年4月 月刊誌『国民』を『生涯フォーラム』に
平成3年3月 第一回「全国生涯学習まちづくり研究会」開催
平成9年7月 第一回「歴史認定試験」実施
平成10年5月 黒水恒男専務理事、理事長に就任
平成11年6月 「歴史認定試験」を「歴史能力検定」に改め実施
平成14年10月 霞ヶ関より日野市に協会事務所を移転
平成15年1月 機関誌『生涯フォーラム』を休刊
平成16年9月 冊子『わたしのこと』を発行。
平成17年11月 創立80周年。
平成21年7月 ひの社会教育センター創設40周年。
平成23年4月 内閣府より公益財団法人設立認定を受ける。
平成25年5月 「地域を豊かにする世代間交流」創刊。
平成26年5月 「人がつながる居場所のつくり方]創刊。
平成27年10月 「ゆたかに生きるこころのはしら」再出版。
平成27年11月 創立90周年記念事業。