ライン

理事長挨拶

社会教育協会 理事長 黒水恒男

理事長 黒水恒男

21世紀は『地球共生の時代』

今世紀は2050年頃まで人口増加が続き、人口は約90億人となるという予測があります。その頃までには、「地球共生時代」が実現すると思われます。年を追うごとに国境を越え、人、モノ、財、情報が交流し、多くの地域共同体の形成が模索されています。

この1世紀で4倍になった人口爆発、それが主因である食糧不足、資源エネルギー危機、地球環境破壊、文明の衝突や地域紛争など、現在地球上には課題が次々発生しています。

高度情報化がさらに進展、「地球共生」という新しい価値観のもと、個人や企業、組織がボーダーレスに活動を広める時代がすでに来ていると考えられます。そのような時代に相応しい世界に通用する人材育成、そして地球共生時代を支える思想を持った心のネットワーク構築が、今こそ求められているのではないでしょうか。

この度の東日本大震災に際し、世界の国々から示された暖かい友情と支援の輪は「地球共生時代」の証左です。我々日本人も、今まで以上に世界の歴史や文化を尊重し、平和・共生の地球を築くため一層地球人としての教養・能力を身につけ、世界のために行動する必要があると信じます。

このような未来観に立ち、志高く社会教育を推進し、世界を舞台に活躍する人材づくりを目指し活動を続ける所存です。

重点実施事項

  1. 全地球的もしくは国全体として課題を確定し、社会教育を推進する。
  2. 地球共生時代に役立つ人材を育成する。
  3. 世界を舞台に社会教育・生涯学習を実践する。
  4. 企業や地方自治体、NPO法人と連携し、人づくり、町づくりを目的とする社会教育・生涯学習を活性化する。

理事長経歴書

氏名
黒水恒男
生年月日
昭和7年1月2日
出身
福岡県北九州市小倉
最終学歴
昭和31年3月 京都大学文学部卒業
主な経歴
昭和31年7月 (株)電通入社
昭和62年1月 同 広報室長
平成 元年6月 (株)電通PRセンター 代表取締役社長
平成 元年6月 (財)社会教育協会
「生涯フォーラム」編集委員会委員
平成 2年5月 (社)日本パブリック・リレーションズ協会理事長
平成 6年   日韓協力委員会理事
平成 7年6月 (株)電通PRセンター 相談役
平成 7年6月 (社)日本パブリック・リレーションズ協会
理事長を退任
平成 8年6月 (株)電通PRセンター 相談役を退任
平成10年5月 (財)社会教育協会理事長
平成23年4月 公益財団法人社会教育協会理事長