ライン

理事長挨拶

社会教育協会 理事長 黒水恒男

理事長 黒水恒男

未来は人が創るもの

今世紀は2050年ころまで人口増加が続き、90億を超えると予測されています。時代は人、もの、財、情報が国境を越え交流するITC時代となり、地球共生に向かうと思われました。

しかし、この1世紀で4倍になった人口爆発は、地球環境破壊や気候変動、食糧・エネルギ―危機をもたらし、加えて大国の一国主義による分断や離脱、無法な国境変更により対立や紛争が絶えない傾向にあります。

そこへ2019年末、全世界規模での新型コロナによるパンデミックが発生。全世界の秩序、経済活動・地球上の全人類の生活に脅威を与えています。

新しい価値観のもと、ボーダレス時代を世界とともに生き抜くために、志高く地球規模の社会教育を追求し、世界を舞台に活躍する人材づくりを目指し、活動を続けます。
 地球の未来は想像力豊かな人間が創るものと信じます。

重点実施事項

  1. 全地球的もしくは国全体として課題を確定し、社会教育を推進する。
  2. 新常態に役立つ人材を育成する。
  3. 世界を舞台に社会教育・生涯学習を実践する。
  4. 新しい価値観の本、企業や地方自治体、NPO法人などと連携し、「人づくり、町づくり」を目的とする社会教育・生涯学習を活性化する。

理事長経歴書

氏名
黒水恒男
生年月日
昭和7年1月2日
出身
福岡県北九州市小倉
最終学歴
昭和31年3月 京都大学文学部卒業
主な経歴
昭和31年7月 (株)電通入社
昭和62年1月 同 広報室長
平成 元年6月 (株)電通PRセンター 代表取締役社長
平成 元年6月 (財)社会教育協会
「生涯フォーラム」編集委員会委員
平成 2年5月 (社)日本パブリック・リレーションズ協会理事長
平成 6年   日韓協力委員会理事
平成 7年6月 (株)電通PRセンター 相談役
平成 7年6月 (社)日本パブリック・リレーションズ協会
理事長を退任
平成 8年6月 (株)電通PRセンター 相談役を退任
平成10年5月 (財)社会教育協会理事長
平成23年4月 公益財団法人社会教育協会理事長